辻本豪三は何をしたのか

辻本豪三は何をしたのか

美琴の主婦にとっても消費者金融は頼もしい味方

みなさん、ぐっどいぶにーん♪

ボクは、食べる事が大好き!!

食べるという事は、からだにとってとても大切な事ですよね。
食べる事を制限するのは、からだによくない!

そして、食べる事を我慢していれば、食べたい欲望はふくらみ、
減量を中断してしまったり、
目標まで痩せられても、その反動は多くなるだけなんです。

せっかく目指している自分になれるチャンスなのに、
自ら諦める方向へ自分を向かせてしまう・・・
もったいないですよね。

減量を始めては、挫折する・・・
ボクは何度もこれを繰り返しました。

繰り返してようやく、しっかり食べる事の方が痩せる!
と、わかったんです。

ボクの場合、食べる事が好きだから、
食事を制限する減量は絶対続かない・・・
そして、必ずリバウンドしてしまう。

でも、食べる事ができれば、
食べられないストレスが溜まらないから途中で挫折することもない。
更に、しっかりからだに栄養を入れているからリバウンドもしない。

そして、その結果バランスよく、必要な栄養を摂ることで
太らないからだになることが実現できたのです。

食べないほうが早く痩せると思いがちですが、実はそうではなかったんです。

途中で挫折してしまっては、当然痩せられない。
痩せられても、リバウンドしてしまう。

だったら、始めから
そういう減量をしなければいいんですよね。

しっかり食べることが身につけば、自然と、
このくらいの量でからだには十分なんだなと解るようになると思います。

食欲を無理に押さえようとせず、きちんと食べて、
食べない事による反動をなくす方がよっぽど良いのです!

明日はいい日だ。がんばろ~^^



主婦にとっても消費者金融は頼もしい味方

一二三の辻本豪三 センター長

肥満の原因を簡単に説明すると、
「摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ってしまうから」です。
そして、肥満の大きな原因となるのが生活習慣。

実際、わたくしの経験上、
毎日の生活習慣が不規則なほど肥満につながりやすいので、
生活習慣を改善することは
ダイエットに欠かせないプロセスだと言えます。

例えば、朝食を食べないと、
前日の夕食から
その日の11時食までかなりの空腹期間ができ、
次の食事で体が脂肪を一気に吸収しようとするので、
体脂肪がつきやすい悪循環が生まれてしまいます。

食事回数を増やすほど、体脂肪がつきにくい体になるので、
朝食はきちんと食べましょう。

また、社会人になると、
真夜中遅く食事をする機会が増えてしまいますが、
真夜中はエネルギーの消費量が落ちるだけでなく、
エネルギーを体脂肪として貯めようとするメカニズムが働くので、
できるだけ真夜中遅い食事は避けましょう。

残業などで真夜中遅く食事をしなければならない場合は、
残業を終えてから「ガッツリ」食べるのではなく、
軽めの食事を2度に分けましょう。

その場合は、早い時間帯に主食となるものを食べて、
遅い時間にサイドメニューを食べるといいですよ。

そして、運動不足はエネルギーを蓄積させる大きな原因です。
毎日、運動時間を確保するのは難しいと思いますので、
通勤途中や休日を利用して運動をする習慣をつけましょう。

ちなみに、わたくしのおすすめは気軽にできるウォーキングです。
毎日20分歩くだけで、かなり違いますよ。

とにかく、
毎日の生活習慣を少しずつでも改善していくことが、
ダイエットの第一歩だと思います。




ママさんの辻本豪三 流用

体に取り込むカロリーと
消費するカロリーのバランスを整える事が
減量の基本ですから、
食事療法は最も基本的な減量だと言えますが・・・

適度なトレーニングなどを組み合わせないと、
なかなか効果を発揮できませんよね?

しかも日本の場合は、
食料自給率が低いにも関わらず、
お店には商品が正に溢れんばかりに並んでいまして、
ショッピングする人の食欲を刺激しまくりです!

食事療法による減量は、
お菓子などへの誘惑に打ち勝つ心も時には必要なので、
ダメであれば山に籠もるなり、
財布の中を空っぽにしておく必要が出てくる人も、
いるのでは無いでしょうか?

減量の基本は、「強い意志」とも言えますからね!

そう考えると、
別にダイエットゼリー マスカット味やダイエットゼリー マスカット味などに
高いお金を使う必要はないと思うんです。

そもそもダイエットゼリー マスカット味やダイエットゼリー マスカット味などは、
金額辺りのカロリー量が非常に少ない訳でして、
不経済この上ない食品を、
高いお金を出して買っているとも言えるのでは無いでしょうか?

であれば、納豆、豆腐、ひじき・・・といった
安くてヘルシーな食品を買ってきて、
上手に料理したほうが良いような気がします。

そうすれば、家計の出費も減量出来て、
肉体もスリムになって一挙両得なのです!

痩せるのは肉体だけで、
財布の中身まで減量したいと思っている人なんていませんもんね!

図書館にでも行けば、
普通にスーパーに並んでいる食材を使った
減量料理を紹介している本も並んでいるのですから、
賢く減量したいですね!





辻本豪三 田中耕一の情報

皆様、ついつい「ながら食い」してませんか?
テレビを見たり、本を読んだりしながらスナック菓子をつまむ…
これは減量する上で、非常によくない食習慣ですから、
是非、改善しましょう!

なぜ「ながら食い」がダメなのかというと…

そもそも、「ながら食い」というのは
意識的に食事をしていない状態ですよね?

テレビを見たり、本を読んだりしながら…食べる。
無意識状態での食事です。
他のものに気をとられてるわけですからね。

テレビや本に目をやりながら、手探りでスナック菓子を取って、
手に取ったスナック菓子を目にすることもなく、
直接口の中へ入れてパクパク…
味がわかっていないことも多いのではないでしょうか? 

こんなときは
「減量をしている」ということすら
忘れてしまっているのかもしれません。

無意識状態での食事では、
食べた満足感が通常の食事と比較すると少ないんだそうです。
なんだか減量に限らず、根本的によくなさそうですね…

当然、満腹感が少ないので
ついつい食べすぎてしまうというパターンに陥ります。
結果、食べ過ぎて減量失敗…という流れになるわけです。

では「ながら食い」を防ぐにはどうしたらいいのか?

「他のものに意識がいってる時の食事は要注意!」
ということを意識するようにしましょう!

わしは、最近ようやく、テレビを見ながら
スナック菓子を食べる癖を克服することができました!

しかし、どうしても「ながら食い」をして食べ過ぎてしまう…
という人には最終手段があります。
それは、自宅にスナック菓子や板チョコといった、
「ながら食い」ができる食べ物を置いておかないことです。

減量中は、
間食になる食べ物をできるだけ買わないのがいいみたいです!

せっかく減量しているのに、
無意識で太ってしまうなんて、バカバカしいですもんね!




てるみの辻本豪三 アステラス

ストレスを感じないように楽しく続けられるのが
一番理想的な減量だと、
おいらは信じています。

ですが、
時にはどうしてもつらくなる時期もあります。
そういったときはどうすれば乗り越えられるのか?

おいらが実践したのは
痩せたあとの自分を想像することです。

そもそも減量の最終的な目的って
ただ単に痩せることじゃないですよね?

減量を続けていると
目的がすり替わってしまうことはありがちです。

減量の目的は
体が細くなることや体重が減ることではないはずです。

食事制限やトレーニングを続けているのは、
健康な美しい体を手に入れて、
それから後に真の目的があるはずです。
本当の目的って痩せたあとに何をしたいかですよね?

例えば…
・今年の夏こそは綺麗な体で海に行きたい!
・痩せて綺麗になってモテタイ!
・減量に成功して、毎日を楽しく生きたい!
…などなど例を挙げればキリがありませんよね?

ちなみにおいらの場合は
太っている自分を鏡の前で見るのが
非常にストレスになっていました。

だから痩せてすっきりして、
そういった自己嫌悪やストレスを
感じないようになりたくて減量しました。

減量中の辛い時期も、
痩せたあとの自分を想像することで
乗り切れる場面が何度もありましたね^^

人それぞれ目標は違うと思いますが、
減量をしていて辛い時期にさしかかったら
こういったことを頭に思い浮かべてください!

余分な脂肪が落ちて、スレンダーボディになったおいら。
おいらを見てうらやむ周囲の人たち。
自分を見て「すごいな!」と感嘆するおいらたち。

それを想像するだけでも、
減量のモチベーションが上がるのではないでしょうか。







メニュー

ページ上部へ戻る

Copyright© 2014 辻本豪三は何をしたのか All Rights Reserved.